難しいとされるアライグマ駆除│プロに依頼して再来防ぐ

男性

被害が広がる前に

鼬

一番確実な方法

見た目は小さく可愛らしいイタチですが、鶏などの家畜を襲ったり、住居の屋根裏などに侵入して騒音をたてたり、糞尿の悪臭、市街地ではゴミをあさるなどの様々な被害を齎す害獣でもあります。近年ではイタチ対策として忌避剤なども発売されています。しかし、忌避剤では慣れてしまう可能性もあるため、一番確実と言えるのは捕獲することです。捕獲するには箱罠などが必要ですが、これはネット通販などで比較的簡単に手に入れることができます。あとは、鶏肉や魚などを用意して罠の中に置いて放置しておくと、イタチを捕獲することができます。また、一匹捕獲してもまだどこかに潜んでいる可能性があるので、暫くは罠を仕掛けたままにしておくのがおすすめです。

自治体に相談

イタチは実は鳥獣保護法の対象内であるため、ネズミのように勝手に捕獲したり殺したりしてはいけません。そのため、被害にあってどうしても捕獲しなければならない場合は必ず自治体に相談して申請を出す必要があります。許可が下りた場合も、できるだけ傷つけないように適切に捕獲しなければなりません。また、自治体によっては狩猟免許が必要になってくる場合もあります。そのような場合には、イタチを捕獲してくれる専門の業者に依頼するのがおすすめです。専門の業者なら、警戒心の強いイタチの捕獲も安心して任せることができますし、鳥獣保護法を侵さない範囲で適切に対処してくれます。また、どの業者に任せていいかわからない場合には、自治体に相談してみると良い業者を相談してくれることもあります。